沼島総合観光案内所 よしじん|兵庫県南あわじ市沼島

おのころ島伝承

沼島の遠景02 自凝島(おのころじま)は、淡路島の海人族や民衆が伝承していた想像上の島です。この神話が広まり、朝廷に聞こえると、淡路島の周辺のどこかの島が、自凝島として神話に物語られたものと思われます。後世、自凝島といわれる島や場所が伝えられ、淡路島に関しては、沼島、成ヶ島、絵島、先山(せんざん)、自凝島神社、成山などの説があります。これらの場所は、古代の海人族が信仰の対象としていたところです。

沼島説では、沼島の「沼」は、「古事記」天の沼矛(あめのぬぼこ)の「沼」であり、「日本書紀」天之瓊矛「瓊(ぬ)」です。これらは、玉・魂・霊に通じ、勾玉(まがたま)に代表される形状は、生命体や霊魂を表し、沼島は玉島ということになります。

にこちゃん塾 財団法人 淡路21世紀協会 発行 「国生み神話 日本のはじめと淡路島」より引用

古事記

おのころ神社の写真01是(ここ)に天(あま)つ神諸(もろもろ)の命(みこと)以(も)ちて、伊耶那岐命(いざなきのみこと)・伊耶那美命(いざなみのみこと)二柱(ふたはしら)の神に、「是(こ)のただよへる国を修理(つく)り固め成せ」と詔(の)りて、天(あま)の沼矛(ぬぼこ)を賜ひき。故(かれ)、二柱の神、天(あま)の浮橋(うきはし)に立たして、其(そ)の沼矛を指(お)し下ろして画(か)きたまへば、塩こをろこをろに画き鳴(な)して、引き上げたまふ時、其の矛の末(さき)より垂(したた)り落つる塩累(かさ)なり積(つも)りて島と成りき。是れ淤能碁呂島(おのごろしま)なり。
 其の島に天降(あまも)り坐(ま)して、天の御柱(みばしら)を見立てて、八尋殿(やひろどの)を見立てたまひき。是に其の妹(いも)伊耶那美命に問ひて曰(の)りたまはく、「汝(な)が身は如何(いかに)か成れる」とのりたまへば、答白(こた)へたまはく、「吾(あ)が身は成り成りて成り合はざる処(ところ)一処(ひとところ)在り」とこたへたまひき。爾(ここ)に伊耶那岐命詔りたまはく、「我(あ)が身は成り成りて成り合はざる処一処在り。故、此(こ)の吾(あ)が身の成り余れる処を以ちて、汝(な)が身の成り合はざる処に刺し塞(ふた)ぎて、国土(くに)を生み成さむと以為(おも)ふ。生むこと奈何(いかに)」とのりたまへば、伊耶那美命、「然善(しかよ)けむ」と答曰(こた)へたまひき。爾に伊耶那岐命詔りたまはく、「然(しか)らば吾(あ)と汝(な)と是の天の御柱を行き廻(めぐ)り逢(あ)ひて、みとのまぐはひ為(せ)む」とのりたまひき。如此(かく)期(ちぎ)りて、乃(すなは)ち「汝(な)は右(みぎり)より廻り逢へ。我(あ)は左より廻り逢はむ」と詔りたまひ、約(ちぎ)り竟(を)へて廻る時、伊耶那美命、先に「あなにやしえをとこを」と言ひ、後(のち)に伊耶那岐命、「あなにやしえをとめを」と言ひ、各(おのもおのも)言ひ竟へし後、其の妹に告げて曰りたまはく、「女人(をみな)の先に言へるは良からず」とのりたまひき。然れどもくみどに興(おこ)して、子の水蛭子(ひるこ)を生む。此の子は葦船(あしぶね)に入れて流し去(う)てき。次に淡島(あわしま)を生む。是(こ)も亦(また)子の例(かず)に入れざりき。